amazonギフト券の現金化が違法ではない理由とは?

ネットで買い物をするにも誰かへのプレゼントとして使用するのにも便利なのがamazonギフト券です。

その一方でamazonギフト券は現金化することが可能なことでも広く知られています。

しかしamazonギフト券の現金化に関しては色々と怪しい噂を聞いたことがある人も多いことでしょう。

その中にはamazonギフト券の現金化は違法だから手を出すべきではないと考えている人もいるはずです。

ですが結論から言ってamazonギフト券の現金化そのものに違法性はありません。

ここでは何故amazonギフト券の現金化に違法性がないのか、実際に現金化を安全に行うためにはどうしたらいいのかについて詳しく解説しています。

amazonギフト券の現金化に少しでも興味のある人は参考にしてみてください。

amazonギフト券の現金化に違法性はある?

amazonギフト券を現金化すること自体に違法性はありません。

しかし法律とはまた別の少しややこしい問題が横たわっていることも事実です。

ここではamazonギフト券を巡る様々なルールについてと、どうしてamazonギフト券の現金化がタブー視されるのかについて説明します。

金券の現金化そのものに違法性はない

まず、ギフト券や商品券といった金券類を現金化すること自体は合法です。

駅ビルや有名スーパーの一角、商店街やショッピングモールなど商業施設の集まる場所には必ずと言っていいほど金券ショップがあるのは誰もが知るところでしょう。

金券ショップの一部には確かに非合法な闇営業を行なっているものもありますが、そうした商業施設に積極出店している金券ショップがまさか非合法であると考えている人はいないはずです。

実際に金券ショップは立派な業態として社会的にも認められていますし、そこで金券類の売買が行われることが問題になった事例もありません。

しかし現在、そうした合法的に営業を行なっている金券ショップの多くがamazonギフト券の取り扱いを停止する事態となっています。

それではamazonギフト券だけが金券の中でも例外で、現金化をすると違法になってしまうのでしょうか?

実はそういうわけではなく、そこにはamazonギフト券特有の複雑な事情が絡んできています。

amazonギフト券には複数の法律が複雑に関わっている

金券類の中古販売に関しては種類や状況によって適用される法律が変わってきます。

まず商品券など実体のあるチケットを売買する際には「古物営業法」が適用されます。

これは金券ショップに限らず中古商全般が営業のために守るべき法律となっており、正規の中古業者は古物商許可証を取得している必要があります。

amazonギフト券を現金化する際に直接関わってくる法律もこの古物営業法です。

正規の金券ショップはこの営業許可を得ているので、普通であればamazonギフト券も問題なく取り扱うことができることになります。

しかしamazonギフト券は商品券とは異なり、実際にはチケット本体ではなくそこに記載されたコードによってデジタルなお金をやりとりする電子マネーの側面があります。

電子マネーの売買や現金化については「資金決済法」という別の法律が関わってきます。

資金決済法は複雑なのでamazonギフト券に関連した部分だけ説明すると、いわゆるチャージ方式の「前払式決済手段」を提供する事業者は原則として現金への払い戻しをしてはいけないという決まりがあります。

何故かと言うと、チャージしたお金をいつでも簡単に現金に戻せるようにするとそれは銀行口座にお金を預けているのと実質的に同じ使い方ができてしまうからです。

さらに現金への払い戻しに条件をつけていくと実質的な貸付業務が可能となり、今度は「出資法」の管轄になってきます。

この辺りの電子マネーを巡る複雑な法律の縛りについては、最近PayPayなどが銀行業務と連携することで実際に現金払い戻しや「あと払い」形式での貸付を展開し始めたことで利用者側にはさらに境界線がわかりにくくなってきています。

ともかくamazonギフト券のような電子マネーとして使うタイプのギフト券は法的な取り扱いが難しく、通常の金券ショップの業務範囲を超えてしまっている部分が大きいと言えるでしょう。

そのため無用なトラブルを避ける目的もあってか、大手の金券ショップは次々とamazonギフト券の買取から手を引いている状態にあります。

amazonギフト券の現金化を禁止しているのは法律ではなくamazon

amazonギフト券を取り巻く法律が複雑だったとしても、そのほとんどは利用者側には関係のないものとなっています。

古物営業法も資金決済法もあくまで事業者側を規制するものなので、利用者が違法性を問われる危険はありません。

つまりamazonギフト券の現金化を勝手にされて一番困るのは事業者のamazonということになります。

そのためamazonは利用規約によってamazonギフト券の現金化目的での購入や転売を固く禁止する措置を取り、違反者にはアカウント停止といった厳しいペナルティも辞さない構えを見せています。

amazonギフト券の現金化を阻んでいるのは主にこの利用規約なので、現金化においては法律ではなくamazonの規約に抵触しない方法を考える必要があるでしょう。

amazonギフト券を安全に現金化するための方法

現在は金券ショップでの買取によるamazonギフト券の現金化は困難になっています。

しかしその他の方法で現金化をすることは可能なので、ここでは現金化の方法を紹介しながらそれぞれのメリットやデメリットについて説明していきます。

特に即日に現金化をしたい人は方法をよく確認しておくようにしましょう。

ネットオークションを使った現金化はリスクが高い

金券ショップや中古店での買取が不可となった場合に、多くの人が思い浮かべるのはネットオークションやフリマアプリを使った転売ではないでしょうか。

しかしamazonギフト券をネットオークションなどに出品して現金化する行為はハイリスクなので避けておいた方が無難です。

以前は当たり前に行われていたamazonギフト券のオークション出品ですが、犯罪性の高い集団によって悪用された経緯もあり最近はどのサービスもamazonギフト券の出品自体を制限しています。

制限を無視して出品した場合、そのサービスからペナルティを受けることになるでしょう。

またネットに公開する形でamazonギフト券を出品すれば、当然amazon側にも簡単に察知され規約違反に問われることにもなります。

一番おすすめなのは即日現金化できるネット業者を使うこと

amazonギフト券の現金化に一番おすすめなのは、ネット上に出店している現金化の専門業者に依頼することです。

専門業者は主にamazonギフト券・Appleギフトカード・Googleプレイカードといった買取リスクの高い金券だけを取り扱いながらも、独自のルートによって安全な現金化を実現しています。

ネットから申し込みをすれば即日どころか数時間以内に現金を口座に振り込んでもらえるため、とにかく急いで現金化がしたい状況では頼りになる存在と言えるでしょう。

ただし専門業者で即日の現金化を行うにはいくつかの条件を満たしている必要があります。

・20歳以上であることを証明する本人確認書類を用意する

・銀行口座が即日振り込みに対応している

・手数料や換金率について十分に納得した上で利用する

これらの条件については業者のホームページ上にある記載だけでは正確な内容がわからないこともあるので、直接問い合わせをして確認しておくのが賢明です。

またネット上の無数の業者の中から信頼できるところを自力で探すのは大変なので、初心者は運営実績の長い老舗の業者を使うようにするといいでしょう。

コンビニ販売のamazonギフト券は基本的に買取不可

amazonギフト券をネット業者で現金化する際に注意しておきたいのは、コンビニで販売されているタイプのものは買取不可になるケースが非常に多いという点です。

具体的にはコードの頭文字が「AQ」で始まるカードタイプと頭文字が「WA」で始まるシートタイプが買取不可とされることが多くなっています。

コンビニやドラッグストアなどで販売されているこれらのタイプのamazonギフト券はレジで精算をして初めて利用可能になる仕掛けがされています。

つまりカードやシートだけを万引きしても意味がない工夫がされているわけですが、買取業者側にはそのカードやシートを持ち込まれても清算済みなのか万引き品なのかは区別がつきません。

そのため残念ながら一律でコンビニ販売系のamazonギフト券は買取現金化お断りとしているケースがほとんどとなっているわけです。

一部にはコンビニ販売のamazonギフト券買取に対応している業者もありますが、その場合も買取確認までの時間が大幅に長引くことは覚悟しておきましょう。

こうした事情を踏まえると、ネット業者で現金化するamazonギフト券は確実に買い取ってもらえるEメールタイプを選ぶのがおすすめです。

現金化目的でamazonギフト券を大量購入するのは避ける

現金化を請け負ってくれるネット業者を見つけたからといって、一度にamazonギフト券を大量購入するのは避けた方がいいでしょう。

amazonギフト券の大量購入を行うと、その時点で現金化を目的とした購入ではないかとの疑いをかけられamazon側に調査される恐れがあります。

amazonギフト券は一度に買いすぎることなく、何回かに分けて購入しておくと安心です。

amazonギフト券を現金化するメリットとは?

ここからはamazonギフト券を現金化することのメリットについてお伝えしていきます。

合法的な現金化が可能だといっても、そのメリットを正しく理解せず考えなしの現金化をするだけでは損をすることにも繋がります。

amazonギフト券を現金化する際はメリットを最大限に活かす方法を模索するようにしましょう。

余ってしまったamazonギフト券を現金化で活用できる

amazonギフト券はamazon内での買い物には現金と同じように使うことができますが、amazon以外ではまったく使い道がないという欠点があります。

交通系電子マネーやスマホのコード決済のように多数の使い道があるわけではないので、amazonをあまり利用しない人にとっては手元にあるamazonギフト券が持ち腐れになってしまうことは珍しくありません。

そんな時にamazonギフト券の現金化は大きなメリットを持ちます。

たとえ手数料や換金率の関係で額面の金額よりも下がってしまったとしても、使う予定のないamazonギフト券を抱え込んでいるよりは現金化してしまった方がよっぽど有意義と言えるでしょう。

借金にならない形で現金調達ができる

amazonギフト券の現金化はあくまで購入した商品を中古買取に出すだけの取引であるため、そこで得たお金が借金扱いになることはありません。

すでに多額の借金をしていて貸金業法上の「総量規制」に引っかかってしまう状態であっても、新たに現金を調達する方法として利用できる点はamazonギフト券現金化の重要なメリットの一つです。

また金融信用情報に傷がつき、いわゆる金融ブラックリスト入りの状態になっている場合にもamazonギフト券の現金化なら問題なく現金を用意することが可能になります。

ただし借金に似た用途でamazonギフト券の現金化を行う場合には、利息に相当する部分を注意深く見ておく必要があります。

大抵は普通に借金をするよりも割高な計算になってくるので、将来的な計画はしっかり立てた上でamazonギフト券現金化に頼るようにしましょう。

amazonギフト券現金化と違法性についてのまとめ

amazonギフト券の現金化には「古物営業法」や「資金決済法」といった法律が関わってきますが、その大半は事業者や中古販売業者に対する規制となっています。

amazonギフト券を購入した一般消費者がそれを転売して現金化すること自体を違法とする法律はありません。

ただし消費者に現金化をされると困るamazonなどによって独自の規制がかけられているため、安全に現金化をするためには専門の業者を上手く使う必要があります。

ネットの専門業者を使う際にはコンビニ販売のamazonギフト券ではなくEメールタイプを現金化するようにしましょう。

また即日に現金化したいのであれば銀行口座や本人確認書類といった必要なものを事前に調べて準備しておくことも大切です。

他にも換金率の計算や借金の代わりに現金化を行う場合のリスクなど、amazonギフト券の現金化をする時は様々なことに気を配っておくことも忘れないようにしましょう。

amazonギフト券の現金化に違法性がないことは確かですが、安全に使いこなすにはやはり十分な知識と慎重さが求められます。