クレジットカード現金化の換金率と手数料の関係!高く換金する方法

クレジットカード現金化の目的は、少しでも高い換金率で現金を手にすることです。

しかし、その目的にあたって手数料の存在などを忘れてはいけません。

ここでは換金率の高い業者で現金化するために、次のテーマで説明をしていきます。

高い換金率のクレジットカード現金化業者が知りたい人にとって、有益な情報なのでぜひ確認してみてください。

高換金率の現金化業者TOP3

アーク スペシャルクレジット プライムウォレット
サイト名 アーク スペシャル
クレジット
プライム
ウォレット
最大
換金率
98% 100% 98.8%
現金化
スピード
最短
5分
最短
5分
最短
10分
即日対応
WEB
申し込み
電話対応
審査 不要 不要 不要
来店 不要 不要 不要
支払い
方法
一括/分割
リボ払い
一括/分割
リボ払い
初回
特典
男性は換金率
3%UP
詳細 詳細を確認 詳細を確認 詳細を確認

クレジットカード以外の使用はできません!

クレジットカード現金化の換金率の仕組みを解説

最初にクレジットカード現金化の換金率の仕組みとはどのようなものでしょうか。

ここでは次の流れで、その仕組みをそれぞれ説明します。

これらの内容を理解すればクレジットカードの換金率の仕組みが分かるでしょう。

それでは解説していきます。

換金率と還元率どれを重視する?違いを調査

クレジットカード現金化には換金率と還元率があるけど何がどう違うのかなぁ?

基本的には、クレジットカードを利用してどのくらいの割合でお金が戻ってくるかという意味で換金率も還元率も同じです。

違いについては業者側の立場による理由から換金率と還元率が使い分けられています。

仕組みの違いは換金率の場合、買い取り方式のクレジットカード現金化業者の呼び名になります。

クレジットカード現金化業者では、この方式を採用しているケースが多く見られます。

自分でクレジットカード現金化を行う場合も、商品を購入して買取店で買取をしてもらうことから「換金率」と呼びます

表記で「還元率」として表記されるの、キャッシュバックによる方法の業者に多いです。

還元率は、クレジットカードで商品を購入した際に、キャッシュバックという形でお金を渡すキャッシュバック形式のことを指します。

商品を買った見返りでお金を還元するという意味から、キャッシュバック式のクレジットカード現金化業者は還元率と呼びます。

例えば、サイトで1万円の商品を購入し、9,000円キャッシュバックしてくれた場合の還元率は90%です。

ただ、業者によっては混同してしまっていることも多くあります。

比較サイトでは本来還元率と呼ぶ場合でも、買取率と表記しているケースも見られます。

管理人
管理人
利用する人にとっては何かが変わるということもないので深く気にすることもないようだね。

キャッシュバックと買取式で換金率どれほど違う?

キャッシュバックと買取式で換金率はどれほど違うのかについて表にまとめました。

キャッシュバックと買取式の比較表
比較内容 キャッシュバック式 買取式
特徴 キャッシュバックで現金を還元 商品を買い取ってもらって現金を得る
メリット 換金するスピードが早い 還元率は高いことが多い
デメリット 購入商品が無価値
換金率(還元率)が少し低い
換金するまでに時間がかかる

キャッシュバック方式と買取式では買取式の方が換金率が高めです。

買取式の場合クレジットカード現金化業者が指定する商品をカード決済し、それを買い取ってもらう形で現金が手にできます。

業者が指定する商品は、いずれも実際に換金率の高いアイテムばかりなので、買取金額が高めになるという仕組みです。

管理人
管理人
お店の買取店に持っていっても高い買取価格が期待できる商品だから換金率が高いんだね!

一方キャッシュバック形式は商品を買い取ってもらう手間が無く、より早く簡単に現金が手に入るメリットがあります。

しかしその商品は金銭的な価値の低いものばかりなのでキャッシュバックで還元率が高すぎると違法とみなされるリスクもあります。

そのため買取式よりも低い換金率になりがちです。

よってクレジットカード現金化はキャッシュバック式の方が早く現金を用意できますが、還元率は買取方式よりも期待できないことになります。

即日プランやキャンペーンでも換金率は変動する

クレジットカード現金化業者にはお得なキャンペーンや利用者別のプランがあります。

◆主なキャンペーンやプラン一覧

  • 即日での現金化が約束される即日プラン
  • 女性/男性/法人向けの利用者別プラン
  • 他社からの乗り換えキャンペーン
  • 時間帯キャンペーン

…etc

このプランやキャンペーンは換金率の変動する要因にもなります。

各クレジットカード現金化業者によって様々な取り組みが行われています。

一つずつ特徴などを解説していくよ!

即日プラン

即日プランは、スピーディーな現金振り込みを実現する代わりに通常プランより換金率が低くなるプランです。

一部のクレジットカード現金化業者で実施されています。

レディースor男性向けプラン

女性がクレジットカード現金化業者を利用した場合、通常の換金率に1~2%ほど上乗せされたレートで現金化してくれるのがレディースプランです。

男性の利用の場合は男性向けプランとなり、クレジットカード現金化の換金率がアップされます。

こちらもレディースプランと同様に1~2%上乗せされます。

管理人
管理人
男性と女性どちらのプランをもある現金化業者はないんだ!

法人プラン

法人による大口利用で換金率を優遇するプランです。

法人用のビジネスカードを利用したカード現金化で換金率が通常より数%上がります。

法人プランは多くの現金化業者が用意しています。

時間帯キャンペーン

クレジットカード現金化利用が閑散になる平日昼間などに行われます。

そして指定の時間帯での利用を行った場合は、換金率が1~2%上乗せされます。

管理人
管理人
このほかにも2回目の利用で換金率がアップするキャンペーンなどが有名です。

換金率の計算式と実際の入金額の参考例

具体的にどの程度の換金率になるのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

ここでは計算式を紹介しクレジットカード現金化でよく利用される5万円、10万円の参考例について説明をしていきます。

最初にクレジットカード現金化の換金率の式は次の通りです。

換金率=受取金額÷申込み金額×100

換金率において考慮しておくのが、金額によって換金率が異なるということです。

利用額が大きいほど換金率もアップしていく仕組みになっています。

5万円で換金率90%、10万円で92%を例に計算します。

5万円×90%=4万5,000円
10万円×92%=9万2,000円

このように金額が大きい方が少しお得に現金化できる仕組みになっています。

管理人
管理人
5万円を2回申し込むより10万円一括での申し込みが換金率はお得になるんだ

さらにキャッシュバック方式と買取方式でも異なった換金率が設定されています。

先ほど触れたとおり買取方式の方が高めになっているので、その点も注目しておきましょう。

業者によっては計算で算出された実際の換金率よりもさらに手数料が発生するケースも見られます。

手数料については次の項目で確認していきましょう。

換金率に影響があるクレジットカード現金化の手数料

先ほど紹介した通り換金率には様々な手数料がそこから差し引かれます。

それは次の4つの項目です。

これらの手数料などが差し引かれた分が真のクレジットカード現金化による実質換金率になります。

ここでは上記の手数料についてそれぞれどんなものか項目ごとにまとめていきましょう。

現金化業者に支払う手数料

現金化業者に支払う手数料が最初に発生します。

これは現金化業者の利益分の支払いや振込手数料が挙げられます。

現金化業者に支払う主な手数料には次のようなものがあります。

  • 現金化業者の利益分の支払い
  • 振り込み手数料

振り込み手数料は500~1,000円ほどですが、現金化業者の利益分は高めになっています。

非公開にしている会社が多いため正確にはつかめませんが、決済代金の概ね3~10%だとされています。

この金額は一見悪質な手数料に思えます。

しかし、クレジットカード現金化業者のシステムの維持や経営するための利益として必ず発生します。

カード使用手数料も含まれることもあるので気になる方は内訳を聞くといいでしょう。

現金化した金額から差し引かれる点も注意が必要です。

現金化に必要なカード会社に支払う手数料

クレジットカードをショッピングなどで利用した場合クレジットカードの決済にかかった手数料は店側であるクレジットカード現金化業者が支払います。

そのため現金化した際にその分も差し引かれて振り込まれるケースも少なくありません。

その利用手数料はクレジットカード会社により異なりますが、3%以上で設定されています。

カード会社によっては、この手数料が発生しない場合もあり、結果的に手数料が差し引かれないケースもあります。

現金化用の商品購入時の消費税と配送料

クレジットカードの現金化は基本的に商品を購入して、そこからキャッシュバックを受けたり買取を行ったりします。

そのため購入した商品とそこにかかる消費税、さらに配送料なども差し引かれます。

このように聞くと手元にほとんど残らないのでは、と不安に思うかもしれません。

しかし業者側でもそう言ったことが起きないように電子商材や商品配送のない現金化を行っている業者も出てきています。

この方式を使えば、そもそも商品の購入代と消費税だけで済むようになります。

配送料は、意外と高額になるケースも多く、特に離島や北海道の場合は無視できないケースも少なくありません。

配送料がかかるという点にも注意し可能であれば配送の必要がないシステムのクレジットカード現金化業者の利用が理想です。

現金を引き出すときの手数料

意外と見落としなのがクレジットカード現金化が完了した後に銀行からお金を引き出すときの手数料です。

最近は手数料無料でコンビニから引き出せる銀行も増えてきました。

管理人
管理人
地方銀行ではいまだに有料の場合が多いのが現状です。これはモアタイムシステムに対応していないことが理由なんだ。

モアタイム対応していない金融機関は土日祝日や早朝、夕方以降の引き落としで割増しの手数料が発生します。

たった数百円の手数料ですがこの手数料によって現金化したお金がさらに目減りしてしまう点に注意しましょう。

クレジットカード現金化の換金率の相場

クレジットカード現金化の換金率の相場は70~80%です。

これは一般的なクレジットカード現金化業者の相場のうち、少額利用をした場合の最低値の平均になります。

確かにクレジットカード現金化業者のページを見ると、90%が当たり前のように表示されています。

しかしこれは業者の換金率の最大値です。

例えば100万円以上で適用される換金率であり実際に利用する5~10万円の換金率とは異なった金額になります。

たしかに業者によってはもう少し高い場合もあるかもしれません。

しかし現実的には90%を超えるような換金率は稀です。

クレジットカード現金化の換金率を比較するポイント

クレジットカード現金化の換金率を比較するポイントとして最高換金率ではなく最低換金率で比較するのがポイントです。

最高換金率は現実的ではない高額利用の換金率として表記されています。

よって実際の換金率とはかけ離れています。

リアルな換金率を知るためには最低換金率が重要なのです。

実際クレジットカード現金化で利用する金額は100万円を超えるような高額利用ではありません。

実際は数万円か高くとも10万円が多くを占めます。

その場合クレジットカード現金化業者は最低換金率を適用されます。

クレカ現金化とほかの現金化の方法との比較

クレカ現金化とほかの現金化の方法との比較していきましょう。

ここではクレジットカード現金化のほかに、現金化の方法で一般的な3つの換金率も確認んしましょう。

  • クレジットカード現金化
  • 商品券の現金化
  • ギフトカーの現金化
  • ブランド品やゲームの現金化

まずクレカ現金化の換金率は70~80%です。

クレジットカードを利用して現金化業者などによって現金を振り込んでもらう手段になります。

メリットとしては手元に売るものがなくともネットを利用して場所を選ばずすぐにできること。

デメリットは振込で出金が手間という点です。

次に商品券の換金率は80~95%です。

クレジットカードブランドの商品券を買い取ってもらう方法になります。

全体的に換金率が高いメリットがあります。

しかし、高額利用はカード会社に不正使用がバレやすいことがデメリットです。

ギフトカードの換金率は60〜95%です。

百貨店のギフトカードやamazonギフト券などが換金でき、買取店が多く換金率も安定しています。

しかし、多額の購入でクレジットカード会社にバレやすい点がでメリットです。

amazonギフト券は比較的多額の現金化がしやすいメリットがあります。

一方で買取率が不安定であったりネット以外では買取店が少ないデメリットがあります。

ブランド品やゲームの現金化です。

人気ブランドであれば70~85%、家電商品やゲーム機本体だと40~80%が目安です。

人気ブランド品は価値も下がりにくいので現金化しやすいメリットがあります。

ただ、型落ちや不人気ブランドだと換金率は急落します。

ゲーム機や家電商品も人気が出ると市場にはほとんど出回らなくなりプレミアがつくことも少なくありません。

ただ安定した買取価格がつくのがごく一部のモデルやゲーム機のみです。

この中で最も安定してまとまった金額が現金化できるのはクレジットカード現金化です。

換金率はそこまで高くなりませんが比較的安全に現金化でき、自宅からでも気軽にできる点がポイントです。

クレジットカード現金化の換金率を高くする方法

クレジットカード現金化をするにあたって重要なのは換金率を高くする方法です。

その換金率を高くする方法は次の2点です。

これらを押さえておけばクレジットカード現金化を行った際の換金率を上げやすくなります。

業者に必ず換金率アップの交渉をしよう

まず業者に必ず換金率アップの交渉をしましょう。

この時やみくもに換金率を上げてくれと頼むのではなく、具体的な数字を出して交渉するのがポイントです。

例えば、A社で今日見積もりを取ってみたら〇〇%だったけど御社はどうなりますか?といった聞き方をします。

実際の業者名とリアルな換金率を提示すると、それに合わせた換金率で対応してくれるか少し大目に対応します。

まずは実際に他の業者に見積もってもらい具体的な数字を知ったら、その数字をもとに交渉してみましょう。

換金率の数値と実際に入金される額を確認しよう

クレジットカード現金化のサイトでは公式サイトに記載されている換金率は信用できません。

そのため、申し込み時にリアルな入金額を聞くこともポイントです。

例えばいくら使えば、手数料を引いた額がいくらで入金されますか、といった聞き方です。

業者によっては言ってることとやっていることが異なることもあります。

そのためLINE対応をしている業者の場合は、LINEを利用して情報を聞き、証拠としてスクリーンショットの画像を残しておくのもおすすめです。

換金率が高いおすすめクレジットカード現金化の業者3選

具体的にどんな業者が良いのかといった声もあると思います。

ここでは換金率が高いおすすめのクレジットカード現金化業者として次の3社を紹介します。

換金率の高い人気の現金化業者の比較表
サービス名 10万円の換金率 振込スピード 詳細
Arrk(アーク)公式Arrk(アーク) 90% 最短5分 ▽詳細
スペシャルクレジット公式スペシャルクレジット 95% 最短5分 ▽詳細
スマイルギフト公式スマイルギフト 92% 最短3分 ▽詳細
管理人
管理人
各業者ごとにそれぞれ強みがあり、いずれもクレジットカード現金化にかなり便利な業者だよ。それでは各業者の特徴を確認していきましょう。

各種キャンペーンがあり換金率も高いArrk(アーク)

現金化業者のArrk(アーク)公式

Arrk(アーク)の基本情報
公式ホームページ https://arrk.xyz/
換金率 最低90%から
申込み方法 電話・WEB
振込スピード 最短5分
受付時間 WEB 24時間
平日 9:00 ~ 19:45
土  10:00 ~ 17:45
日祝 11:00 ~ 17:45

アークは各種キャンペーンが充実して換金率も高いのが特徴です。

キャンペーンとしては男性限定プラン&現金10万円プレゼントといった大規模なものがあります。

さらにシークレットキャンペーンと称して現金3,000円プレゼントの企画も行っています。

決済から入金まで最短5分で完了し来店の必要はありません。

全国どこからでも利用できカードブランドは国内で利用されている5大ブランドをはじめ、ほぼすべてに対応しています。

振込先の口座は国内すべての金融機関を指定できます。

利用できる最少額は1万円で換金率は90~98%、年末年始は定休日になりますが、それ以外は年中営業を行っています。

業界最高水準のリピート率の高さも注目のクレジットカード現金化業者です。

公式サイトを確認する

使用料によっては換金率100%のスペシャルクレジット

現金化業者のスペシャルクレジット公式

スペシャルクレジットの基本情報
公式ホームページ https://special-credit.net/
換金率 最低95%から
申込み方法 電話・WEB
振込スピード 最短5分
受付時間 WEB 24時間
9:00~23:00

スペシャルクレジットは使用する金額によって換金率100%を誇るクレジットカード現金化業者です。

深夜でも早朝でも対応し、最短5分での入金が可能です。

利用額は1万円~で換金率は95~100%、深夜23時まで電話での申し込みに対応しています。

カードはすべてのブランドをご利用いただけます。

3つのスペシャルとして、簡単Web申込みまたは電話一本での解決、赤字覚悟の換金率、最短5分の特急入金を宣言しているのが特徴です。

最低換金率も見ても、かなり高い水準になっているので、クレジットカード現金化の換金率にこだわりたい方に利用しやすい環境といえるでしょう。

また、アタイムシステムに対応した銀行口座であれば、夜間でも即時入金反映が可能なのもポイントです。

公式サイトを確認する

高い換金率と女性スタッフの対応が特徴のスマイルギフト

スマイルギフト公式

スマイルギフトの基本情報
公式ホームページ https://smilegift.org/
換金率 最低92%から
申込み方法 電話・WEB
振込スピード 最短3分
受付時間 WEB 24時間
9:00~20:00

スマイルギフトは、高い換金率と女性スタッフの対応が特徴のクレジットカード現金化業者です。

入金スピードは最短3分、初回利用時も迅速な対応を行っているのが特徴です。

女性オペレーターが多数在籍しておりますので、男性オペレーターが苦手という場合も安心できるのも魅力といえます。

審査や来店不要なので自宅でも気軽に利用でき、ショッピング枠でのお買い物扱いになるので信用情報機関に登録されることはございません。

支払いも一括だけでなく分割やリボ払いにも対応しているので、返済も安心してできます。

満足度96.4%のサービスを提供しており、サービス内容に自信があるクレジットカード現金化業者といえるでしょう。

公式サイトを確認する

現金化の換金率について気になるFAQ

最後にクレジットカード現金化に当たって気になる疑問2つについて、それぞれQ&A形式で回答をしていきましょう。

換金率はカードの種類で異なりますか?
基本的にクレジットカード現金化の換金率はカードの種類で異なることはありません。
ショッピング枠を使ってどの程度の金額を利用するかによって、換金率が異なってくる仕組みになっています。
例えば1万円であれば換金率が90%、30万円であれば換金率が95%になるといった形です。
また、VISAとMasterでショッピング枠が30万円の場合は換金率が同じということになります。
少しでも多くのショッピング枠を使った方が換金率が高くなり、お得に現金化できます。
換金率が下がる業者は悪徳業者ですか?
確かに換金率が下がる業者は一見悪徳業者のように思えますが担当による明確な説明があれば、むしろ優良業者です。
説明もなく換金率を伝える悪徳業者の可能性が高いケースが多いので、換金率が下がっていたら、その理由をきちんと教えてもらうようにしましょう。
例えば、なぜ換金率が下がったのか聞いた際にクレジットカード会社のシステム使用料や商品の購入費、消費税などと答えた場合は、悪徳業者とは言い切れません。

クレジットカード現金化の換金率のまとめ

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使った便利なサービスです。

このサービスには現金化スピードの早いキャッシュバック方式と換金率にこだわった買取方式が挙げられます。

いずれもメリットがあるため、それぞれのメリットをキチンと把握しましょう。

また、換金率は、つい最大換金率に目が行きますが重要なのは最低換金率です。

この換金率をみることで、よりリアルな換金率が分かるので調べてから利用しましょう。

またクレジットカード現金化業者は悪徳業者もいますが、今回紹介した3つの業者は実績もあります。

これらの業者を軸にクレジットカード現金化業者を選んでみましょう。

当サイトの優良クレジットカード現金化ランキングも参考に確認してみよう!