現金化豆知識

マイルの現金化|マイルを効率よくお金に換金する方法

マイルを現金化する方法「急に現金が必要になってしまったけど、給料日前で用意できない…」

そんな時に使える手段のひとつに「マイルを現金化する」方法が話題になっています。

ここでは、どのようにしてマイルを現金化していくのか、解説しましょう。

急に現金が必要になっても慌てないように、ぜひチェックしてみてください。

マイルを現金化する3つの方法と手順

マイルを現金化する3つの方法と手順

マイルを現金化するやり方としては、以下のような3つの方法が主流となっています。

  • マイルをJRキューポとGポイントに変えてから銀行で現金化
  • マイルをTポイントに交換して銀行で現金化
  • マイルでギフト券を購入して現金化

上記3つの交換単位はどれも10,000マイルから。なので、手持ちのマイルが10,000以下の場合は、常日頃からマイレージモールを経由してショッピングをするなど、コツコツ貯めておくのがオススメです。
それぞれどのような方法なのか、細かく見ていきましょう。

①マイルをJRキューポとGポイントに変えてから銀行で現金化

JRキューポを使ったマイルの現金化の流れは、以下の通りです。

STEP1.JQ SUGOCAのクレカ発行

JR九州が発行するクレジットカードを作ります。

  • ANAマイルなら:JQ SUGOCA ANA
  • JALマイルなら:JMB JQ SUGACA

クレジットカードの発行をしたくない方必見!
「JALマイルからJRキューポの交換ができます。」
JMB JQ SUGACAを発行しなくても大丈夫です。
ただしポイント換金率や交換条件が異なるので確認してください。

STEP2.JRキューポに交換

カード発行後「JRキューポ」ポイントが利用できるようになります。
※10,000マイル単位で、JRキューポへ交換することが可能です。

ポイント換金率

  • JQ SUGOCA ANA:10,000マイル=5,000JRキューポポイント
  • JMB JQ SUGACA:10,000マイル=10,000JRキューポポイント
  • JALマイル:10,000マイル=5,000JRキューポポイント

年間交換条件(4月~3月の年度内)

  • JQ SUGOCA ANA:3万マイル以上交換OK
  • JMB JQ SUGACA:2万マイル=2万JRキューポポイントまで交換OK
  • JALマイル:3万マイル以上交換OK

JQ SUGOCA ANAとJALマイルは、1万マイル以上であれば上限はありません。
ただし、交換レートが半減してしまうので3万マイル以上交換する方にオススメです。

STEP3.Gポイントに交換

JRキューポは、「Gポイント」というポイント交換サービスのポイントに、同じく100%の交換率で変換可能。

STEP4.銀行振り込みで現金化

Gポイントは1G=1円で銀行に振り込んでもらうことが出来るので、振込手続きをすれば、高換金率での現金化の達成です。

②マイルをTポイントに交換して銀行で現金化

Tポイントを利用する場合、下記のような流れで現金化を行っていきます。

STEP1.ANAマイルをTポイントに交換

ANAマイレージクラブでは、ANAマイルを100%の率でTポイントへと変換することが可能です。

STEP2.Tポイントを銀行で現金化

Tポイントを85%の率で「ジャパンネット銀行」にて現金化。

交換したTポイントは、ジャパンネット銀行の口座を持っていて「Yahoo!ウォレット受取口座」に登録していれば、100ポイント85円のレートで現金化できるのです。

この方法は、ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合には作らないといけなかったり、換金率もそこまで高くなかったりと、デメリットも多い方法だといえます。

③マイルでギフト券を購入して現金化

マイルでギフト券を購入して、以下のような流れで現金化するという方法もあります。

STEP1.マイルをギフト券に交換

JALマイル10,000ポイントを10,000円分のAmazonギフト券に交換することが可能です。

STEP2.買取業者に依頼をして現金化

マイルの交換で等価のAmazonギフト券を手に入れたら、あとは業者に売りに出すだけ。

業者に売りに出してからは、多くの場合、即日現金を手にすることが出来るでしょう。

場合によっては90%以上で買取してもらえる可能性もあるなど、スピード感と換金率が魅力の方法です。

どんなマイルでも現金化できる?

どんなマイルでも現金化できる?
マイルと一口にいっても以下のように、さまざまなものがあります。

  • JALマイル
  • ANAマイル
  • ルフトハンザ航空のマイル
  • ユナイテッド航空のマイル(旧コンチネンタルマイル)

これらのマイルはすべて現金化できるのでしょうか。

答えはNOです。

正確には、やりようによっては出来るけど、日本では難しいものもあります。

たとえばルフトハンザ航空のマイルは、海外で利用できるギフトカード・商品券などに交換することも可能です。

あくまでも海外でのギフトカードなので、日本ではあまり需要がありません。

日本国内で現金化しようとしても難しいでしょう。

もう一つ例で挙げたユナイテッド航空のマイル(旧コンチネンタルマイル)であれば、「ユナイテッド航空マイレージプラス楽天交換プログラム」というものがあり、楽天ポイントに交換可能です。

そのポイントを利用して、楽天市場で商品券を買う➡売りに出すという流れで現金化に導くことが出来ます。

マイルを現金化する際の注意点

マイルを現金化する際の注意点
マイルを現金化する際には、以下ふたつほど注意点があります。

しっかりと把握しておかないといざという時に現金化できなかったりするので、チェックしていきましょう。

マイルのポイントから手数料が引かれる

マイルを現金化する際には、ほとんどの場合手数料が引かれます。

たとえば「JRキューポ➡Gポイント➡現金化」という流れの場合
Gポイントから現金化する際に、交換手数料10%がかかってきます。

「Tポイント➡現金化」という流れの場合
手数料が引かれて、換金率が85%になり、「Amazonギフト券➡現金化」の場合にも、業者を通す際に手数料が引かれ、換金率も良くて90%以上程度になります。

等価でポイントに交換できても、現金にする最後のところでは手数料がかかることは頭にいれておいた方がいいでしょう。

マイルの現金化には期限がある

JALマイルにもANAマイルにも、以下のような有効期限があります。

【有効期限】利用した月の36ヵ月後の月末

いざ現金化をしようと思った時、実は有効期限が切れていて、現金化できないという可能性も出てくるのです。

いざ現金が必要になったときに困らないよう、普段あまり旅行に行かないという人は、10,000マイル貯まるたびに現金化しておくというのもオススメです。

マイルを現金化する方法には、期限だけではなく時間もかかる方法も多いですし、早め早めに行動しておくに越したことはありません。

マイルの現金化は非効率!効率よく現金化するならアマゾンギフト券に交換

マイルの現金化は非効率!効率よく現金化するならアマゾンギフト券に交換
マイルを現金化するというのは、非効率であまりオススメできません。

手数料によって換金率も高くなくなるものもありますし、コスパが悪いやり方だといえるでしょう。

その点、Amazonギフト券を経由するというやり方は、効率の面でも換金率の面でもオススメできます。

現金が必要になったり、マイルの交換先や使い道に迷ったら、Amazonギフト券を通して現金化することを考えてみるのもいいでしょう。

■クレジットカード現金化以外の現金化の方法まとめ

-現金化豆知識

Copyright © Arrk All Rights Reserved.