現金化豆知識

商品券でクレジットカード現金化をするやり方

商品券でクレジットカード現金化をするやり方
クレジットカードの現金化は、手間の面やカード会社にバレないように進めることを考えれば専門の現金化業者を利用するのがお勧めです。

ただもし手間を払っても良いのなら現金化業者を利用せず、商品券を媒体にして自分で現金化をすれば手元に入るお金のロスを減らすことができるかもしれません。

本章では商品券を使ったクレジットカード現金化のやり方について解説していきます。

商品券は換金率が高い

商品券でクレジットカード現金化をするやり方
商品券は「どうせ買い物をするなら安い方がいい」という市場ニーズが多いため、購入需要が安定的にあるので買取率もかなり優遇されます。

概ね90%以上の換金率となることが期待できますから、手元に入るお金をできるだけ確保したいのであればお勧めのアイテムになります。

新幹線の回数券が代表的ですが、こちらはカード会社にマークされているのでカード利用停止などのペナルティの危険が高くハイリスクな商品です。

商品券は他にもjcbギフトカードやvisaギフトカード、ucギフトカード、あるいは百貨店系の商品券など色々ありますが、こちらも需要が安定しており買取率は同じく高くなっています。

効率面では優秀に思える商品券ですが、これは売却(換金)面の話です。

商品券が厄介なのは購入面の制限で、少し複雑な事情が絡むため一筋縄ではいきません。

商品券の購入面の問題について次の項で見ていきます。

商品券のカード購入は制限がかかるものが多い

商品券のカード購入は制限がかかるものが多い
商品券のクレジットカードによる購入は一部可能ではありますが、かなりの制限がかかります。

カードで購入できるのは、基本的にそのカード会社で発行している商品券だけです。

例えばjcbのカードならばjcbギフトカード、visaのカードならばvisaギフトカードは購入できますが、jcbギフトカードをvisaのカードで購入することはできません。

そして購入できるとしてもさらに問題があります。

取扱店の窓口で購入する方法と公式サイトなどネット経由で購入する方法がありますが、店舗で購入する場合ほとんどのケースで現金のみの取り扱いとなり、カードによる購入を断られます。

これはカード会社が現金化をできないようにルール化しているためと言われています。

公式サイトなどネット経由ならばカード決済も可能ですが、郵送ですので商品券が届くまでには数日かかり、即日の現金化は難しくなります。

ちなみに商品券を販売する金券ショップなどでもカード購入はできないことがほとんどです。

これはカード決済を利用した場合にカード会社に支払う手数料が高いからと言われています。

金券販売は薄利多売で、一つの取引の利益率は3%程度と考えられるところ、カード決済手数料はそれ以上となるため、カード決済を導入するうま味がないということです。

ただネット上では以下のサイトのようにカード決済で商品券を購入できるサービスを提供する事業者は存在します。
https://www.shouhinken-s.com/?bbid=BB1270709132

しかし見て分かる通り、原価より高く売っているので現金化目的で利用する場合、購入時点でロスがでることになります。

こうしたネット上の業者は信頼性の点もしっかり見極めなければいけないので、利用するのであれば口コミ等をよく調べたうえで自己責任で利用しなければいけません。

現金化する方法 JCBギフトカードの場合

現金化する方法 JCBギフトカードの場合
ではここで商品券によるクレジットカード現金化の具体的なやり方を見てみましょう。

ここではJCBギフトカードを使う場合を想定します。

購入方法

JCBギフトカードを購入するにはJCB系列(JCBブランド)のカードを持っている必要があります。

以下はJCBの公式サイトですが、こちらからネットで購入することができます。
https://www.jcb.co.jp/iss-pc/open/gift/giftSearchHanbaiten.html

店舗でも取り扱いがありますが、上述したように窓口販売ではカード購入を拒否されてしまうことが多いのでネットで購入するのが確実です。

1,000円券と5,000円券の二種類があるので、好きな額面の方を必要な枚数分購入します。

基本的に手元に必要な現金の額を考えながら調整しますが、あまり多額に購入するとカード会社に目を付けられるのでほどほどにしてくださいね。

換金方法

商品券を手に入れたらこれを換金することになりますが、一般のリサイクルショップよりも金券を扱う専門店の方が高く買取してくれるのでお勧めです。

大黒屋などの有名どころでは90%台後半の高い換金率で買い取ってくれます。

通勤途中に店舗型の買取店があるようなら、直接持ち込めばすぐに換金できるので時間もかかりませんし、対面ですので安心感もあります。

近くに買取店がない場合は郵送による買取を依頼することも可能です。

郵送の場合はやり取りに時間がかかるので即日入金は無理ですが、遠方の買取店まで足を運ぶ手間と交通費を考えてどちらが得か考えてみましょう。

もし時間に余裕があるなら、ネットで自分で売るということも選択肢に入ります。

買い手が付くまで時間はかかりますが、ヤフオクなどで出品し高い買値を付けてくれる購入者を探すこともできます。

ラクマやメルカリは商品券の出品が規約で禁止されているので、無理に出品しても削除される恐れがあります。

ネット出品を考える場合はヤフオクが選択肢になります。

現金化する方法 百貨店系商品券の場合

現金化する方法 百貨店系商品券の場合
次に百貨店系の商品券を使った現金化について見ていきます。

百貨店系は「全国百貨店共通商品券」と「百貨店ギフトカード」があります。

まず全国百貨店共通商品券についてですが、こちらは全国の百貨店で購入できるものの、残念ながらクレジットカードでの購入は断られてしまいます。

一部の販売業者はネット上でカード決済を可能にしていますが、値段は最初から額面よりも高く設定されているので現金化を考える場合はロスが大きくなります。

個人でネットオークションを使って出品している人もいますが、こちらもカード決済ができません。

つまり全国百貨店共通商品券を使ったクレジットカード現金化は基本的に難しく、できたとしてもロスが大きくなるのでお勧めできません。

では百貨店ギフトカードはどうかというと、こちらは条件付きで可能です。

このギフトカードはアメリカン・エキスプレス(AMEX)が発行しているので、AMEXのカードを持っていれば購入することができます。

百貨店ギフトカードは以前コンビニでも購入することができましたが、2020年2月24日をもって取り扱いが終わっています。

現在は各地の百貨店もしくは公式サイトからネット経由での購入のみとなり、店舗ではクレジットカードでの購入ができません。

ネット経由では以下のサイトでクレジットカードによる購入手続きが可能です。
https://www.americanexpress.com/jp/prepaid/gift-cards/

購入した百貨店ギフトカードは前項で見た商品券と同じように、金券ショップで換金できます。

店頭に持ち込むか、郵送でやり取りするかは各自の事情や判断によります。

換金率は下がるが購入制限がないギフト券お勧め3選

換金率は下がるが購入制限がないギフト券お勧め3選
上で見てきた各種商品券は高いレートで換金できますが購入面で制限が出ます。

ここでは、上述した商品券よりは換金率が下がりますが、購入面で制限がない3つのギフト券を紹介します。

Amazonギフト券

市場で取り扱いが多く人気があるのがAmazonギフト券です。

Amazonギフト券は基本的にクレジットカードでの購入が想定されているので、カード決済で問題なく購入することができます。

Amazonギフト券と一口に言っても多様な形態があり、一般的な商品券と同じように金券の形態で発行されるもの、プリントアウトして使うもの、アカウントに直接チャージするもの、Eメールでコードが発行されるものなど色々あります。

現金化を考えた時には商品券の形態もしくはEメールでのコード発行のタイプがお勧めです。

商品券で発行したものは金券の買い取りショップに持ち込んで換金できます。

ショップへの持ち込みが手間の場合はEメールタイプがお勧めで、こちらは入力コードが送られてくるだけなので現物の商品は届きません。

ネット上でこのコードを入力して利用することになるのですが、このコードも未使用であれば売却することができます。

ただしコード発行の場合、一般の金券ショップでは買い取ってくれず、専門の買取店にあたらなければいけません。

「買取ボブ」や「アマプライム」などコード専用で買取に応じる業者があるので、こちらに買取を依頼することになります。

Amazonギフト券はこちらから購入できます。
https://www.amazon.co.jp/gift-cards-store/b?node=2351652051

iTunesギフトカード

iTunesギフトカードも同じようにクレジットカードで購入することができます。

iTunesギフトカードの場合はカードタイプとEメールによるコード発行の二種類の形態しかありません。

Appleの公式サイトで購入できるので確認してください。
https://www.apple.com/jp/shop/gift-cards

売却面でも同じように、現物のカードであれば金券ショップに売却し、コード発行タイプであれば買取ボブなどの専門店に買取を依頼します。

Google playギフトコード

こちらもクレジットカードでの購入が可能です。

楽天などの通販サイトからコードタイプのギフトコードをクレジットカードで購入することができます。
https://event.rakuten.co.jp/computer/gpgiftcard/

コンビニなどではカードタイプのGoogle playギフトカードが売られていますが、こちらはクレジットカードで購入することができないようになっています。

コードタイプの商品をカード決済で購入し、これを買取ボブなどコード買取の専門店に買い取ってもらいます。

本項で見てきたAmazonギフト券、iTunesギフトカード、Google playギフトコードはクレジットカード会社発行の商品券や百貨店系の商品券よりも買取率が少し下がり、現在は概ね80%前後の相場になっています。

買取相場は変動するので、その時々の相場を買い取りショップに確認してください。

現金化バレを防ぐために

商品券を媒体にしたクレジットカード現金化は成功すれば高い換金率を実現できますが、カード会社にバレてしまったら大変です。

カード会社にバレないようにするには、できるだけ少額に抑え多額の利用を控える、短期間に繰り返さない、次回の現金化は別の商品を使うなどの配慮が必要です。

もしカード会社から電話がかかってきても、最初は確認のためですから現金化の確証を掴んでいるわけではありません。

商品券は友人にあげた、コードタイプであれば自分で使用したと言い切って、現金化したことは絶対に認めない姿勢が大切です。

現金化に慣れるとついつい気軽に繰り返してしまいそうになりますが、元々ロスの出る取引ですから頻繁な利用は避けてくださいね。

まとめ

本章では商品券を媒体にしてクレジットカードを現金化する方法について見てきました。

商品券は基本的に高レートで取引できるので、売却面を見ればうま味の強い方法です。

ただし購入面では基本的にカード決済で自由に商品券を購入することはできず、クレジットカードと商品券の発行元が同じブランドでなければ購入することができません。

購入さえできれば金券ショップに持ち込んで換金できますが、手間の面で負担を感じるようであれば、Amazonギフト券などのコードタイプも選択肢にできます。

買取率は少し下がりますが、家にいながら購入と買取が可能なので手間を避けたい場合は検討対象になります。

いずれにしても一度に多額の利用は避け、現金化バレが起きないように配慮して進めるようにしましょう。

-現金化豆知識

Copyright © Arrk All Rights Reserved.